広島赤十字・原爆病院の薬剤師募集情報

赤十字病院薬剤師募集TOP >> 赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本 >> 広島赤十字・原爆病院

広島赤十字・原爆病院の薬剤師募集情報

広島赤十字・原爆病院は昭和14年に設立して、昭和20年8月6日に起こった原子爆弾投下にて甚大な被害を受けた病院として有名です。その時、極限状態の中で被爆者医療に必死になって取り組んだ功績は未だに輝かしい史実として語り継がれています。現在では診療科数を30まで増やし、大規模な総合病院として地域の高度治療を担い、地域がん診療連携拠点病院・災害拠点病院等の指定医院として医療活動を行っています。そんな広島赤十字・原爆病院では、オールラウンダーな働きができる薬剤師を求めています。近年の超高齢化社会のニーズに応える薬剤師の確保に積極的に動いているのです。

広島赤十字・原爆病院での薬剤師の仕事は、内服薬調剤・注射薬調剤・院内製剤・TDMを始め、臨床による医薬品情報のデータ収集と提供、薬品管理や無菌調製(TPN、抗がん剤)に患者さんへの服薬指導業務も行います。また当院では薬剤師が災害救護班の重要な一員であることも大きな特徴です。この様に多岐にわたる役割がありますので、かなり広範囲な知識とスキルが要求される職場だと言えるでしょう。また最近ではチーム医療のスタッフとしての役目も果たします。確かに厳しく難しい職場ではありますが、それだけにやりがいも将来設計も立てられる勤務である事は確かです。

薬剤師の募集に関しては、毎年若干名の正規・非正規の雇用があります。ですが新卒でも定期的に採用はされていませんし、中途採用の求人も必要に応じて出されています。ちなみに2018年現在では臨時職員の薬剤師募集が出ています。採用人員を若干名として、半年毎の契約更新が可能な雇用制度となっています。つまり更新がない場合は半年以内の長短期という事です。採用に関しては書類選考と面接で、即戦力となる人材を優先的に選んでいます。雇用条件を見ますと、給与では基本給として月額223,960円(地域手当含む)を提示しています。そして各種手当と賞与が年2回ですので、初任時の年収は350万円前後となるでしょう。病院薬剤師の初任給は月収で20〜25万円、年収ベースなら300〜350万円ですから比較的良い待遇と言えます。ただし、病院勤務の薬剤師さんは他の職場よりも給与が低い事は理解しておきましょう。

勤務時間は8時25分〜17時(休憩時間50分)で、これに夜勤がローテーションします。休日は一般的な大手病院と同じで産休・育休・介護休は取り易いのがメリットです。現時点で薬剤師さんの社会的ニーズは高いため、採用のチャンスは決して小さくはありません。日頃から求人情報をチェックして準備しておく様におすすめします。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.