赤十字病院の薬剤師の仕事内容は?

赤十字病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 赤十字病院の薬剤師の仕事内容は?

赤十字病院の薬剤師の仕事内容は?

赤十字病院薬剤師として働く場合には、いったいどのような仕事をするのか。この点について気になる人は多くいます。赤十字病院は地域医療の中核としてだけではなく、厚生労働省が認定する先進医療を実施している医療機関です。そのため、実際に就職・転職を希望する人は多く、どのような仕事をすることになるのか興味を持っている人も多いのです。

ここで注意したいことですが、赤十字病院薬剤師だからといって、特別他の薬剤師と異なる仕事をしているわけではありません。一般の病院で勤務する薬剤師と同じく、処方箋を元に患者のために調剤をすることが基本です。そのため、赤十字病院薬剤師の仕事内容については、病院薬剤師の仕事内容と同じものだと考えてください。

他には注射剤の準備をすることや、市販薬が存在しない場合の製剤業務、患者のための服薬指導なども行っています。詳しい情報については、赤十字病院の薬剤部ページで紹介されているので、興味がある人はチェックをしてみると参考になります。

赤十字病院での薬剤師業務として特徴的なものとしては、治験があります。これは新開発された薬が一般的に使用される前に行う臨床試験です。その新薬にはどのような効果があるのか、副作用はないのかを調べて厚生労働省へ提出します。ほとんどの場合は問題ありませんが、それでも安全であるという確実なデータがなければ、その薬は一般利用されることがありません。万が一の事態に備える必要もあるため、細心の注意を払う必要がある仕事です。

赤十字病院薬剤師の基本的な業務は一般的な薬剤師と同じものになりますが、その中では治験業務に携わることもある。このように考えてください。誰もが同じ仕事をするわけではなく、それぞれの担当があります。また、赤十字病院での薬剤師は、チーム医療を積極的に行っています。そのため、特定分野に特化した薬剤師の育成に力を入れており、多くのチームが用意されているのです。

がん治療に特化した外来化学療法チームや、緩和ケアチーム。栄養療法をサポートするチームや糖尿病患者の教育のために従事するチームなどもあります。どのチームに配属されることになるのかは本人の希望なども考慮されますが、認定薬剤師や専門薬剤師として成長をしていくことで、それぞれの分野でのスペシャリストになる道もあります。

赤十字病院薬剤師の仕事はどれもやりがいのあるものですが、明確なビジョンを持って勉強をしている人が成長できる環境です。どんどんキャリアアップをしていきたい薬剤師にとってとても魅力的なので、チャンスがあれば逃さないようにしましょう。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.