赤十字病院の薬剤師の福利厚生は?

赤十字病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 赤十字病院の薬剤師の福利厚生は?

赤十字病院の薬剤師の福利厚生は?

赤十字病院で薬剤師として働く場合、その給料は一般的な病院で働くよりも高い傾向にあります。これはあくまでも相場と比較をしてのものなので、その人の能力や実績によって変わってくるところはあります。そこで気になってくるのが、給与面以外に福利厚生はどのようになっているのかです。

赤十字病院は全国的な組織である日本赤十字社が運営していることもあって、福利厚生は充実しています。細かい部分は各病院によって異なる部分はありますが、まずは赤十字病院自体で共通している部分をチェックしてみましょう。 保険に関しては、健康保険、厚生年金、雇用保険に労災保険と完備しています。そしてそれ以外には、日赤グループ保険や日赤厚生年金基金が用意されています。

育児支援や介護支援に関しても充実しており、院内保育所の利用や育児休業制度のほか、短時間勤務制度や子供の看護をするための休暇も認められています。介護支援では6か月の範囲で介護休業が取得可能になっています。 赤十字病院としての福利厚生としては、日赤全社的福利厚生事業、割愛制度、院内飲食設備の割引などもあります。 日赤全社的福利厚生事業では、自動車任意保険割引制度や休業補償制度、他にも慶弔見舞金制度や永年勤続記念品制度などがあります。割愛制度では職員が申し出ることによって、他県の赤十字病院への転任を支援してくれます。もちろんそれにはしっかりとした理由が必要で、たとえば結婚をするといったものや家族の転居などです。病院内での設備利用については、職員用の食堂や一般食堂での割引などがあります。

赤十字病院の福利厚生は充実した内容になっているため、仕事をしていく上でとても頼もしいものです。設備類などに関しては勤務する病院によって細かく変わってくるところもありますが、おおむね共通した内容になっていると考えてください。

ちなみに退職金については、日本赤十字社の規定に沿うことになり、勤続年数25年で50か月分になっています。しかし、それぞれの病院によっては特別退職金が用意されているため、さらに上乗せされることもあるでしょう。自分が勤務を希望する赤十字病院での福利厚生が気になる人は、直接確認すると確実な情報が得られます。

福利厚生制度は、長く働けば働くほどそのありがたさが実感できるものになっています。それだけが赤十字病院で勤務するメリットではありませんが、充実しているのであればうれしいことは確かです。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.