赤十字病院の薬剤師の残業事情は?

赤十字病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 赤十字病院の薬剤師の残業事情は?

赤十字病院の薬剤師の残業事情は?

赤十字病院の薬剤師として働く場合、残業はどれだけあるのかについて調べてみると、比較的多めという情報が見つかります。これはいったいなぜなのでしょうか。

まず、基本的に病院薬剤師は残業が多い傾向にあります。薬剤師の数はどんどん増えていますが、病院以外の勤務先も選択できるため、給料の高い他の就職先を選ぶことが多いのです。また、赤十字病院の場合は、基本的に新卒採用となっているため、何らかの理由で退職者が出て欠員が出てもすぐに補充できるとは限りません。そのため、薬剤師の数が不足して、それをカバーするために残業が発生するわけです。

赤十字病院では、勉強会やミーティングが多い特徴があります。最先端の医療技術に対応できるように勉強する機会が設けられているのは良いことなのですが、その回数も多くなると残業時間がどんどん延びてしまうのです。業務中に勉強をするのは薬剤師の数から考えても難しく、どうしても業務終了後になってしまうのも理由となっています。

赤十字病院を利用する患者の数にも波があり、休日明けになると一気に多くの人が押し寄せます。その場合、診療時間を延長する科目もあり、その後に処方される薬の調剤をする薬剤師が必要になるため、必然的に薬剤師は残業をする必要が出てくるのです。

薬剤師の仕事は、調剤だけではなくインスリンなどの自己注射を指導することや、病棟を回って服薬指導をする業務もあります。これらの仕事をしながらも調剤業務をしなければならないため、時間内に仕事を終わらせることが難しい場合が多くなるのです。病院側でもできるだけ上手く人を回せるように調整をしてくれるのですが、それでも限界はあります。人手不足の時にはどうしても残業が発生することになるため、ある程度は受け入れなければなりません。

赤十字病院では薬剤師もチーム医療に参加をしたり、治験業務のバックアップを行ったりもしています。全体的に業務量が多く、大変なときもたくさんあるのですが、逆に考えれば薬剤師としてやりがいのある仕事がたくさんあるとも言えるのです。

しっかりと残業代は出ますし、様々な勉強や他の病院ではできないような業務もあるため、残業をいとわず働いている薬剤師の人もたくさんいます。しかし、頑張りすぎると体に負担がかかりすぎるところにも注意してください。若い頃は無理ができても、ある程度の年齢になると長時間の残業で体を壊してしまうこともあります。

赤十字病院の薬剤師は残業が多くなりがちですが、無理をしすぎる前に上司へしっかりと相談するようにしましょう。頑張りすぎて体を壊してしまったら、元も子もありません。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.