赤十字病院の薬剤師の面接対策は?

赤十字病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 赤十字病院の薬剤師の面接対策は?

赤十字病院の薬剤師の面接対策は?

赤十字病院の薬剤師として応募をして面接を受けることになった場合、どのようなことに注意をすれば良いのか。なかなかチャンスがないため、絶対に就職を成功させたいと肩に力が入りすぎてしまう人もいますが、それが原因で失敗することがないように気をつけてください。

薬剤師免許を取得している時点で、その人が一定の能力を持っていることは証明できています。そこからプラスアルファをアピールすることが重要です。

赤十字病院では、薬剤師に限らず勉強会が多く開かれる傾向にあります。これは赤十字病院が持つ役割である地域医療の要になることや、先進医療技術を扱っているためです。一般的な病院と比べても高い技術や知識が必要になるため、常に向上心がある人を求めているわけです。

そして赤十字病院では、チーム医療に力を入れているため、コミュニケーション能力の高さも必要になってきます。与えられた役割をしっかりと果たせるのは当たり前のことであり、そこからさらに色々な人との連携を取っての仕事に対する気持ちを伝えましょう。

赤十字病院の薬剤師面接だからといって、極めて特殊な内容になることはありません。基本的には、病院薬剤師としての面接と同じものだと考えてください。その上で、なぜ赤十字病院を選んだのか、そこでどのようなことをしていきたいのかといった自己PRをすることで、他の応募者と差を付けられるようにしましょう。

赤十字病院の薬剤師は競争率が高く、自己PRなどが上手くいってもそれ以外の部分で他の応募者に負けてしまうこともあります。認定薬剤師を目指しており、すでにそのための勉強をスタートしている人や、その分野に強い薬剤師の人がいれば、どうしてもアピール要素で劣ってしまうこともあります。 そのような状況下で自分の存在をアピールするために奇をてらう人もいますが、ほとんどの場合は逆効果で終わってしまいます。まず、素直な気持ちをぶつけることが、面接では重要なことだと考えるようにしてください。その場は上手くいったとしても、実際に採用をされてから上手くいかず、結局辞めてしまうことになる場合もあります。

面接では、どうしても自分をよく見せたくなるかもしれませんが、相手もそれを見抜く目を持ったプロです。即戦力を求めており、自分がその基準に達していなければ上手くいかないことがあるかもしれません。しかし、これから勉強をしてどのように成長していたいのかというビジョンを伝えることで、その気持ちはしっかりと伝わるものなのです。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.