赤十字病院の薬剤師になるデメリットは?

赤十字病院薬剤師募集TOP >> FAQ >> 赤十字病院の薬剤師になるデメリットは?

赤十字病院の薬剤師になるデメリットは?

赤十字病院の薬剤師として働きたいという人は多くおり、実際にそこで働くことに多くのメリットを感じている人はたくさんいます。そこで気になってくるのが、メリットだけではなくデメリットはあるのかです。

その人が薬剤師として働く際にどのようなビジョンを持っているのかによって、メリットとデメリットは変わってきます。収入を重視するなら企業で働く選択になりますが、認定薬剤師になりたいと考えている人には適している就職先とは言えません。

それぞれの働き方に対するメリットとデメリットについてそれぞれ知っておかなければ、転職や就職をして失敗したと感じてしまうこともあるので気をつけてください。

赤十字病院の薬剤師として働くことは、大変なところもあります。常に多くの勉強をする必要があり、赤十字病院自体も勉強会を多く用意する傾向にあるので、本来の仕事以外でも頑張る必要があります。体力と向上心がある人にとって、これはとてもうれしい環境になりますが、人によってはとても大変でつらい環境になってしまいます。

給料面で言えば、赤十字病院の薬剤師として働く場合、20代で年収500万円前後、30代で600万円前後になると言われています。これは一般的な病院で働く場合と同じか少し多いくらいですが、薬剤師の場合はもっと稼げる職場もあります。単純に収入面だけで考えれば、これもデメリットになってしまうのです。

赤十字病院の母体となっている日本赤十字社は、独自の理念を持って活動をしています。人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性などの項目があり、これは日本赤十字社の公式サイトで詳しく確認ができます。この理念に共感できるなら、赤十字病院の薬剤師として働く分には問題ありませんが、合わないと感じるものがあればストレスになってしまう可能性もあります。理念について、そこまで大げさに考える必要はないかもしれませんが、他の病院よりも特殊性があると言うことは覚えておきましょう。

最後に、これは赤十字病院に限った話ではありませんが、病院薬剤師として働く場合は夜勤や日直当番があり、勤務時間や日数が長くなることが多くなります。

赤十字病院の薬剤師として働くならメリットはたくさんありますが、デメリットといえる部分もしっかりあります。メリットとデメリットのバランスを考えて、自分にとって合っている職場なのかをよく考えるようにしましょう。その上でメリットが多いと考えられるなら、働きがいのある良い職場だと考えられるようになります。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.