津久井赤十字病院の薬剤師募集情報

赤十字病院薬剤師募集TOP >> 東日本 >> 津久井赤十字病院の薬剤師募集情報

津久井赤十字病院の薬剤師募集情報

津久井赤十字病院は、相模原市のかつて津久井郡と言われていた地域を主に対象にした医療機関です。1953年に開院して、2014年に相模原赤十字病院と名称変更しています。相模原赤十字病院では一緒に勤務してくれる職員の募集を随時行っています。ただしすべての職種で随時というわけではなく、薬剤師も同様です。ホームページの採用情報をクリックすると、その時に募集している職種の一覧が掲載されていますからチェックしましょう。急募という形で求人の出ることもありますから、こまめにWebサイトをチェックしておいた方がいいでしょう。外来患者には院外処方箋を発行していますので、主に入院患者に対する服薬指導や調剤が中心の業務になります。

薬剤師の中途採用は1名などの少数採用であることが多いです。募集が短期間で打ち切りになる可能性も考えられますから、もし求人が出ていれば、早めに応募手続きを進めたほうがいいです。応募条件ですが、特別設定されていません。薬剤師資格を持っている、もしくはその年度に新卒で免許取得見込みのある方も対象に含まれます。応募書類は、履歴書と自己PR書、薬剤師免許証の写しです。見込みの方の場合、成績証明書と卒業見込み証明書を提出しましょう。履歴書は自筆のもので、市販のもので構いません。直近3か月以内の写真も張り付けておきましょう。自己PR書の書式は自由です。枚数などにも制限がありませんが、できるだけ簡潔にまとめるように心がけましょう。またサイズはA4となっているので忘れないようにしましょう。提出方法ですが、郵送もしくは病院への直接持参の2種類あります。後者を選択する場合には、相模原赤十字病院の4階にある総務課に提出しましょう。試験は個別面談によって実施します。面接試験日に関しては、応募者と個別に調整してくれますから、避けられないスケジュールのある場合には気軽に相談するといいでしょう。

気になる待遇については、8時半から17時までです。若干の残業はあるかもしれませんが、夜勤を担当することはありません。給料は個別の能力や経験に基づき個別に設定します。そこに地域手当や通勤手当、住居手当など条件を満たすものがあれば上乗せされる形です。健康保険や厚生年金、日赤基金、雇用保険、労災保険の社会保険は完備されています。さらに勤続年数に応じて退職金制度も用意されているので、セカンドライフの資金面での不安も払しょくできるでしょう

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.