小川赤十字病院の薬剤師募集情報

赤十字病院薬剤師募集TOP >> 東日本 >> 小川赤十字病院の薬剤師募集情報

小川赤十字病院の薬剤師募集情報

小川赤十字病院では薬剤師の募集を時として出していることもあります。ただし求人情報をチェックする際には、雇用形態を確認しましょう。小川赤十字病院では正規職員のほかにもパートのスタッフも募集していることがあるからです。薬剤師の募集は、随時出ているわけではありません。パートタイマーも含めて、全く募集の出ていないこともあります。ただし中途採用は不規則に募集の出ることもありますから、小川赤十字病院で仕事をしたければ、こまめにWebサイトをチェックするといいでしょう。

小川赤十字病院の薬剤部では、医薬品の調剤や製剤、また服薬指導といった業務をメインに行っています。患者さんに必要な医薬品を適正に安定供給することで、治療面での貢献を目指します。そのほかにも内服薬や注射薬の調剤や抗がん剤の調製なども薬剤師が担当します。抗がん剤以外でも院内特殊製剤の調製を実施していますから、調剤薬局やドラッグストアではなかなかできない業務にも携われます。薬剤師としてレベルアップしたい、スキルアップしたいと思っているのであればおすすめの職場と言えます。薬剤部だけでなく、他部門との連携と密に行って、チーム医療の一員としてその中で専門性の発揮できる環境が整っていると言えます。

病院を見てみると、医薬分業が進んでいます。このため外来患者に対しては院内処方をせず、外部の調剤薬局などで処方を受けるように推奨しています。しかし小川赤十字病院の場合、外来処方箋も受け付けています。院内・院外を合わせると1日当たりの平均は420枚となります。その中でも院外処方発行率は約55%になりました。いろいろな診療科目の処方箋が持ち込まれますので、さまざまな調剤を経験したいと思っているのであれば、応募を検討してみるといいでしょう。過去に処方された薬の情報などを見て、飲み合わせなども配慮します。また患者によっては錠剤では服用が厳しいようであれば、散剤や水剤という形で処方する場合もあります。

小川赤十字病院には医薬品情報室もあります。こちらには2名の薬剤師スタッフが常駐していて、医薬品情報の収集や整理、保管などを行う業務です。ここから薬剤部の取り扱っている医薬品に関する情報が発信されます。また薬剤部通信と呼ばれるものを定期的に配信して、患者に対して医薬品の適切な知識を知ってもらう機会づくりを実施しています。このように多岐に渡す業務の中から自分の持ち場が決められますので、あらかじめどのような仕事をするか、しっかり確認しましょう。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.