川西赤十字病院の薬剤師募集情報

赤十字病院薬剤師募集TOP >> 東日本 >> 川西赤十字病院の薬剤師募集情報

川西赤十字病院の薬剤師募集情報

赤十字の「人道精神」をベースにして、地域と一緒に生きていけるという喜びを分かち合える医療を目指す川西赤十字病院では、職員の募集もしばしば出しています。川西赤十字病院の求人動向を見てみると、医師の募集は常時出ているような状況です。薬剤師についてはそれほど活発には出ていませんが、欠員が出るなどして、不定期に募集の出る可能性もあります。ホームページで最新の求人情報を掲載していますから、佐久で病院薬剤師の仕事を探しているのであれば、こまめにサイトをチェックしましょう。

川西赤十字病院の薬剤師の仕事ですが、調剤作業が基本です。医師が処方箋を作成しますので、その情報に基づいて調剤を行います。ただし内容に疑問が生じた場合には疑義照会を実施します。川西赤十字病院の場合には、薬の処方をするのは入院患者に対してです。外来患者に対しては、院外処方箋の発行だけになります。入院患者に対して薬の処方をする際には、服薬指導も担当して、処方した薬に関する説明や副作用の説明を実施します。さらに薬の効果を最大限にするために、正しい服用方法について指導するのも業務の一環です。この際に患者やその家族から薬についての質問を受けた場合には、相手に納得してもらえるような丁寧な説明が求められます。特に薬の切り替えなど、新しい医薬品が処方されるときにこのような問い合わせを受ける傾向が見られるでしょう。

川西赤十字病院の薬剤師は日曜祝日が休みになります。土曜日は隔週で休みになって、複数週の際には休日です。そのほかに12月29日から1月3日までは年末年始休暇になります。さらに5月1日の日本赤十字社創立記念日も休みです。年間の休日日数は98日で、年次有給休暇も支給されます。年間21日取得できますが、初年は入職月によって変動します。ちなみに4月入職した方の場合、年間の有給は15日になります。もし年間の有給を消化しきれなかった場合には、翌年度に限り持越しが可能です。つまり最大42日間の有給休暇を取得できるわけです。

転職するにあたって気になる給料は、日本赤十字社の給与要綱に基づき算出されます。実務年数なども考慮され、個人別に設定されますから入職前に確認しておきましょう。条件を満たしていれば、住宅手当や扶養手当、通勤手当が上乗せされます。川西赤十字病院の場合、11月から3月にかけて基本給に寒冷地手当がさらに上乗せされる形になります。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.