福島赤十字病院の薬剤師募集情報

赤十字病院薬剤師募集TOP >> 東日本 >> 福島赤十字病院の薬剤師募集情報

福島赤十字病院の薬剤師募集情報

福島赤十字病院では薬剤師の募集を行っていることがあります。例年新卒のスタッフの求人は出るようですが、中途採用に関しては出ているときと出ていないときがあります。最新の情報は病院のホームページに記載されているはずですから、こまめに情報をチェックしましょう。病院内には10名前後の薬剤師スタッフが在籍しています。ほかの病院薬剤師同様、調剤業務や製剤業務のほかに薬品管理やDI業務などを担当します。入院病棟に配属され、入院患者の医薬品の管理・処方を担当している薬剤師も見られます。

福島赤十字病院の薬剤師業務の中でも近年力を入れていることに、抗がん剤ミキシングがあります。抗がん剤ミキシングとは、複数の注射薬を混合して、オリジナルの薬剤を作る作業のことです。外来の化学療法の一環として平成18年から導入されました。現在でも入院患者に対してもミキシング療法を採用しています。ちなみに現在のところ実施件数として、1か月あたり100件前後を記録しています。抗がん剤の調剤・調合などは調剤薬局で勤務していると、なかなか経験できないことでしょう。しかし福島赤十字病院ではこのような経験ができるため、スキルアップ・キャリアアップのために転職を検討している福島県在住の薬剤師がいれば応募も検討してみませんか?

福島赤十字病院でこのほかにも重視している業務の中の一つに、薬剤管理指導業務があります。簡単に言うと入院患者に対する服薬指導のことです。例えば処方した薬にどのような効果があるのか、ほかの薬との飲み合わせの際に注意すべきこと、副作用に関する薬全般の説明を患者に対して行います。場合によっては患者本人やその家族から薬に関する質問を受けるかもしれません。そのような時には相手にわかりやすく、納得してもらうまで丁寧な説明を心がけましょう。

入院することになった患者の中には、すでに何らかの常備薬を服用しているケースもみられます。この場合患者には医薬品を持参してもらって、その内容を薬剤師が確認します。薬のほかにも「お薬手帳」や調剤薬局・かかりつけ医から薬に関する資料などを送ってもらうように求める場合もあります。薬の飲み合わせによっては、本来の薬の効果を相殺してしまう、逆に相乗効果で必要以上の効果が出てしまって、逆に体に悪影響をもたらすこともあり得ます。このような事態が起こらないように、患者の医薬品管理をすることも薬剤師の重要な役割と考えるといいでしょう。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.