深谷赤十字病院の薬剤師募集情報

赤十字病院薬剤師募集TOP >> 東日本 >> 深谷赤十字病院の薬剤師募集情報

深谷赤十字病院の薬剤師募集情報

深谷赤十字病院では薬剤師を募集していることもありますが、常時求人が出ているわけではありません。タイミングによっては一切募集の出ていないこともあります。しかし「急募」という案件がしばしば深谷赤十字病院では出ています。急に募集の出ることもあり得ますから、どうしても深谷赤十字病院で仕事をしたいと思っているのであれば、こまめにインターネットで最新情報をチェックしましょう。深谷赤十字病院は正規職員のほかにも、パート職員の募集の出ていることもあります。

深谷赤十字病院の薬剤師を見てみると、常に20代後半のスタッフが常勤職員として仕事をしています。調剤課と医薬品情報課、薬品管理課、病棟業務課の4つの部門が部内にあって、各薬剤師が配属されて仕事を始める形になります。調剤課は調剤や製剤業務がメインとなります。深谷赤十字病院では院外処方箋を発行していますから、担当するのは外来ではなく、入院患者さんに対するものと考えましょう。点眼薬や注射薬などの中には、メーカーの販売していないものもあります。患者の必要に応じて、このような市販ではない薬の作成をするのも薬剤師の仕事です。

医薬品情報管理課では、医薬品全般の情報収集・管理を担当しています。通常専従の薬剤師1名が担当する形になります。医師や看護師など他の医療関係者から薬に関する問い合わせがあった場合には、適切な情報を迅速に上げるのが役割です。医薬品を効果的に使用するためには、情報が欠かせません。薬品管理課は院内で取り扱っている医薬品の在庫管理がメインの仕事になります。ちなみに医薬品の取り出しでは、ピッキングマシンを使っているのも特徴です。人の手による薬の取り違えなどのミスを引き起こさないようなシステムが完備されています。

病棟業務課は簡単に言うと、入院患者に対する薬の処方です。この時薬の名前や効果、副作用などについて患者さんに直接説明を行います。このように実際に服用する患者さんが、薬について正しい理解を深めていきます。患者さんは医療の専門家ではありませんから、わかりやすい言葉で、相手が納得できるような丁寧な説明が求められます。そのほかにもチーム医療に薬剤師が積極的に参加しているのも、深谷赤十字病院の特徴です。緩和ケアチームや感染制御チームなどに加わることで、病院内の各種作業に積極的に関わります。医師や看護師をはじめとした、ほかの医療スタッフとの連携がポイントになります。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.