赤十字病院薬剤師募集ナビ

赤十字病院へ転職をお考えの薬剤師さんへ

日本全国に点在する赤十字病院は待遇が良く働きやすい環境で、薬剤師の転職先としては昔から人気が高いです。もちろんそうなると転職の競争率も高くなりますので、転職エージェントを活用して転職活動を有利に進めましょう。

リクナビ薬剤師は薬剤師の転職エージェントとして先駆者的存在で、転職成功実績も豊富です。求人のネットワークは全国規模なので、日本中の赤十字病院を探すことが可能です。転職活動のはじめにまず登録しておくことをオススメします。

赤十字病院の薬剤師求人はココ!転職エージェントランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師は、転職エージェントのパイオニア・リクルート系の転職エージェントです。その為にクライアントからの信頼が非常に厚く、ピンポイントで非公式の薬剤師募集が依頼される事でも有名です。特に大手チェーンへの紹介にはメリットが高く、もちろん赤十字病院の募集も当サイトに集まる傾向があります。また全国展開している赤十字ではありますが、リクナビ薬剤師の場合は地域による紹介力の差がありません。どこの赤十字病院からの求人でも確実な転職サポートが期待できます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフはメディカルリソースの運営サイトで、薬剤師募集数が業界でもNo.1の巨大転職エージェントと評価されています。また転職成功率も高く、この点では転職を希望する薬剤師さんの間でも信頼されていると言えるでしょう。ファルマスタッフの特徴は、各コンサルタントの現場チェックと交渉力です。例え地方の赤十字病院の募集でも徹底調査が期待できます。また利用者の希望をもって給料交渉を行うので、就職後の満足度も高いと評判です。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは、年間7,000名以上の薬剤師を転職サポートしている業界最大級となるサイトです。このサイトは薬剤師の登録者数が業界第一位誇っていて、常に8,000件を超える非公開求人を抱えていて利用価値が高いです。もちろん赤十字病院の募集も逃しません。専任コンサルタントが豊富な経験をもとに、しかも親身なサポートをしますから顧客満足度は業界トップレベルです。また入職後の満足度も高い紹介サービスで頼りになります。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師は知名度抜群の薬剤師専門の転職エージェントです。日本全国に支店を配置しているので、紹介する求人は必ず現地チェックを行う徹底ぶりです。また地方の利用者とも面談による就活対策が取れますから、より実践的なサポートが得られる点もメリットです。最大手のマイナビの機動力をフルに発揮した紹介業務で、赤十字病院の求人を的確に捉え、成功率の高いサポートが得られます。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師転職ドットコムは薬局・ドラッグストアへの紹介力が強い薬剤師専門の転職エージェントですが、全国に支店を配置している事から、地方の赤十字病院の募集にも強いと評判です。随時4万件ほどの求人を扱っていて、細かな情報収集と丁寧な紹介体制で利用者満足度が高いです。また「受かる!面接マニュアル」などで、効果的な面接対策が得られるのもメリットです。

赤十字病院の薬剤師の募集は少ない!あらゆる入り口を視野に!



薬剤師として赤十字病院へ転職をしたいと思ったときに気になるのが競争率でしょう。赤十字病院での薬剤師募集は一般向けには公開されていないため、その募集情報が多いのか少ないのかは判断が難しいですが、実際に薬剤師として入職する人はいるわけなので、考えられるのは転職エージェントなどの非公開求人として募集をしていることであり、そもそも募集人数が少ないということです。転職エージェントの非公開求人は、好条件のものや競争率が高いなどの理由で一般公開されていません。そのため、赤十字病院で薬剤師として働きたいならまず転職エージェントに登録して情報収集をして狭き門をくぐり抜けられなければならないと考えてください。まず1つ登録するならリクナビ薬剤師などを検討しましょう。

ここまでで紹介をしたのは、正社員として採用される場合の話です。これが非常勤での採用になると、話は少し変わってきます。赤十字病院のホームページでは、不定期に非常勤薬剤師の募集が行われています。そのため、定期的にチェックをすることで、非常勤であれば薬剤師の募集情報を見つけられる可能性が出てくるでしょう。非常勤としての働き方は遠慮したいと考える人もいますが、非常勤からスタートして将来的に正社員になれる可能性もあります。どうしても赤十字病院で薬剤師として働きたいなら、まずはそのためのきっかけを逃さないように考えましょう。また、赤十字病院の施設は全国にあるため、自分が住んでいる地域外で募集されている場合もあります。どうしても赤十字病院で働きたいということなら、多少地域が遠くても応募のチャンスがあれば活用するようにしましょう。

赤十字病院での薬剤師募集は人気があるため、いかに早く動くのかもポイントになります。迷っているうちに採用枠が埋まってしまい、募集が終了してしまうことも十分に考えられるのです。基本的に薬剤師の募集が少ないため、その数少ないチャンスを逃さないように気をつけましょう。自分が思った時期に転職をするのは難しいところもありますが、まずはリクナビ薬剤師などの転職エージェントへの登録からです。せっかくのチャンスを逃さないように、しっかりと情報を集めるようにしてください。

赤十字病院の薬剤師が人気の理由は?



赤十字病院での薬剤師募集は、簡単には見つかりません。もし見つかったとしてもかなりの競争率で、すぐに転職できるとは限らない難しさもあります。なぜ赤十字病院の薬剤師募集は、これほど人気があるのでしょうか。

赤十字病院は、各地域における医療の要として重要な役割を持っています。そして何よりも、厚生労働所から先進医療を行う病院として認定されています。薬剤師としてどのようなビジョンを持って働いているのかはその人によって変わりますが、常に最先端の現場で自分を高めていきたいなら赤十字病院はとても良い環境です。最新の医療技術に接する機会が多く、治験によって新薬の開発サポートも積極的に行っているというのは、薬剤師にとってとても魅力的な環境でしょう。

また、赤十字病院では、認定薬剤師の育成にも力を入れています。薬剤師としてこれまで以上に成長をしたいなら、認定薬剤師になることはとても魅力的です。しかし、そのためには職場からの理解を得る必要もあります。自分一人で頑張ろうと思っても、仕事をしながらの勉強も大変ですし、研修を受ける必要もあるため職場のバックアップは必要不可欠なのです。そのため、最初から認定薬剤師の育成に力を入れている赤十字病院は、キャリアアップを目指している人にとって魅力的な環境なのです。一方で、認定薬剤師になることができたとしても、その成果を積極的に活用できない立場にある薬剤師もたくさんいます。しかし、赤十字病院では資格取得によって得た知識を元にして、緩和ケアチームや化学療法チームで働く道もあります。単純に資格の取得を応援してくれるだけではなく、それをしっかりと活用するための場所もあるため、高いモチベーションで勉強を続けられます。

ここで紹介したのは代表的なものですが、このように赤十字病院で薬剤師として働くことによって得られるメリットはたくさんあります。しっかりと成果を出せれば、一般の病院で働いている薬剤師にはできない経験を積むことも可能です。これだけ魅力的な職場なのですから、赤十字病院での勤務を希望する薬剤師が多いのも納得できます。薬剤師によってキャリアプランにも違いはありますが、薬剤師として様々な経験を積んで成長していきたいと考えているなら、そのための選択肢として赤十字病院はとても魅力的でしょう。

TOP

赤十字病院の薬剤師のFAQ

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※東日本

赤十字病院の薬剤師募集情報 ※西日本


Copyright (C) 2018 赤十字病院薬剤師募集ナビ All Rights Reserved.